民家の店・宿 民家の店・宿

民家の店・宿(関東)

  • 東京都/古民家カフェ「晴ノ舎」(ハレノヤ)

    この春、東京都で島を除く唯一の村、檜原村の人里(へんぼり)地区に登録有形文化財旧高橋家住宅を活用した古民家カフェ「晴ノ舎」がオープンしました。店名には「訪れた人が晴れやかな気持ちになれるように」という思いが込められています。店主は元檜原村地域おこし協力隊の土井智子さんです。
     高橋家は江戸時代からこの地で代々農家を営み、養蚕もしていましが、7代目が医者(漢方医)であったことから「医者殿」と呼ばれ、当時は駕籠に乗り山を越えての往診も行っていたそうです。平成27 年に高橋家から檜原村に寄贈され、保存・活用に向けた工事が進められてきました。かぶと造の大きな屋根、ケヤキの大黒柱、式台や駕籠から風格が感じられる建物です。
     「檜原村の人や自然が大好き。地域の人々から慕われ親しまれていたこの場所を、村民の方と一緒に村の魅力を発信していく交流の場として活用していきたい」と土井さんは言います。カフェで使用している野菜や果物は近所の人たちが作ってくれたもの。暖簾やスタッフ衣装は地域の染物作家さんによる制作。お店のスタッフも得意を持ち寄り、料理や店内の装飾を担当しています。
     今後はカフェとしてだけでなく、自然豊かな檜原村を巡るエコツアーの拠点として、またイベントやワークショップの開催、文化財ウィークの時には「医者殿」ゆかりの資料の展示なども予定されているそうです。皆さんもぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。(神奈川県・友の会会員 A.M )

    住所 東京都西多摩郡桧原村人里2032
    アクセス バス:「西川橋」バス停すぐ
    営業時間 4~11月/10:00=17:00(カフェ営業11:00~16:00)
    12~3月/10:00=16:00(カフェ営業11:00~16:00)
    定休日 4~11月(月・火)、12~3月(月・火・水)
    メニュー 季節のランチセット:1,800円、ケーキセット:800円
    ケーキ単品、ドリンク単品:440円~
    お問合せ harenoya@gmail.com
     

  • 神奈川/甘未処「無心庵」

    古都鎌倉、江ノ電和田塚駅の正面に、無 心庵がある。駅の正面にあるといえど、店に入るには踏切のない線路を渡らねばならない。どうやら江ノ電は、もともとあった民家をかき分けるようにして敷かれたらしい。歴史ある門構えとこの不思議な甘味処に、日々多様な世代が足を運ぶ。店を構えたのは、3代目オーナーである佐藤さんの祖母。佐藤さんが11歳だった30年前に自宅を店にした。建物自体は釘を1本も使っていない築約100 年のもので、開店時にはあまり手を加えず、テーブルや座布団をそろえたくらいだったという。現在は奥さんと2人で経営をしており、メニュも代々受け継いできたこだわりのものを用い「自然体」で営んでいるとのことだ。お客様の呼び込みもインスタグラムとホームページ以外では行っておらず、まさに「自然体」で商いを楽しんでいる方である。 メニューはゴールデンウイークと月初旬を目途に変更し、新要素の導入や、お客様に合わせたメニュー変更にも取り組んでいる。 そんな佐藤さんの古民家への思いも、また「自然体」であった。店はだけであって、「古民家だから」という概念は持っていないのだそうだ。だからこそ、民家の解体が進む古都鎌倉での現状には「もったいない」と声をこぼしていた。民家の維持にはお金と労力がかかるのは確かだが、一度壊されたら元には戻せない現代日本の民家の現状を嘆いているようであった。コロナによる緊急事態宣言により何度も休業を強いられた「無心庵」。「自然体」にこだわりぬき、他のどこでも体験することができないこの店に、客足が戻ることを願う。(神奈川県・正会員 塩崎 陸)

    住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3丁目2-13
    電話 0467-23-0850
    定休 木曜日(祝日営業)
    メニュー 冬季限定:田舎汁粉(850円)、あんころ餅(900円)、あつあつ白玉きな粉(750円)
    HP https://mushinan.chobi.net

  • 千葉/蔵のカフェ&ギャラリー「灯輪」(登録有形文化財「笹屋土蔵」)

    千葉/蔵のカフェ&ギャラリー「灯輪」manimani」1

    江戸時代から明治大正にかけて舟運で賑わっていた千葉県の流山。老舗が点在する海道から路地を入ると土蔵(明治31年築)を改装した「灯輪」があります。1階はカウンターとテーブル席で新たに窓を設けた明るいカフェ、2 階は照明を控えめにして、 ギャラリーやイベントスペースとし ても使われています。
    オーナーの秋元さんがこの蔵に出合ったのは10 年ほど前。カフェ巡りと陶器が好きで、いつか店を開きたいと思い続けていたある日、街道沿いの立派な家屋や蔵が空き家になっ ているのがもったいないという思いがあり、市役所に「カフェをはじめ たいので、どこか紹介してください!」と相談に行ったそうです。 市でも歴史的建物の活用をはじめ ようとしていた時期で、ほどなくして空き家になっていたこの蔵を紹介 されたそうです。火事に遭い外壁などはかなり傷んでいましたが、秋元さんが考えていたお店のビジョンにぴったりで、「自分で空き家を見つけても前に進むことは難しいと思っていたので、とても嬉しかった」と当時のことを話します。市の事業の対象にもなり、改修のための補助金を 受けることができました。再生にあたって大変なこともあったようですが、「目の前のことを一つずつこなしていって、気が付いたら店を始めていました」と笑顔の秋元さん。
    季節の野菜や糀、 地元のみりんなど、 素材や彩りにこだわった料理やデ ザート、飲み物が、 秋元さんが大好きな笠間焼の器、そ して蔵の空間と調和しています。 接客を手伝うお母さんと、にぎやにぎやかに店を切り盛りしています。
    (千葉県・正会員 K.H.)

    住所 千葉県流山市北1-155
    電話 047-158-0221
    交通 流鉄流山線流山駅より徒歩5分
    メニュー おまかせデザートプレート、自家製スイーツ、 コーヒー、紅茶など
    営業時間 10:30~17:00(L.O.16:30)
    定休日 火、水曜日
    HP https://kuratowa.com

    ,

  • 埼玉/カフェ&多目的スペース・登録有形文化財「カフェブランコ(紡ぎの家 大島)」

    埼玉/ゲストハウス、カフェ&バー「ちゃぶだい」manimani」1

    埼玉県の伊奈町に、江戸末期に建 てられた民家があります。カフェ&多目的スペースとして現地再生された「紡ぎの家 大島」です。「居場所 と出番」をコンセプトに、人びとが 気軽に立ち寄れる場所と、何かの役に立てると感じられる場所づくりが進められています。
    敷地内には四季折々の樹木や草花 が育てられており、訪れる人びとを やさしく迎えてくれます。主屋東側の広々とした土間部分が、カフェとなっています。天井が高く、太い梁 と柱で覆われた、日本民家ならではのくつろげる空間が広がっています。心地よい時間が流れており、ついつい長居してしまいそうです。
    この「カフェ ブランコ」ではハンドドリップで淹れられた有機栽培のコーヒーや、週替りの気まぐれスイー ツ、パスタなどの軽食が楽しめます。 カフェの他、土間に面した小上が りは、ギャラリーやイベント空間として利用されており、これまで写真展・雑貨展・演奏会・寄席などが行われたそうです。縁側に面した和室 2部屋は、貸しスペースとして、ヨガ教室やお花教室など各種教室で利 用されています。
    多くの人に居場所を提供したい、 人と人が出会い紡ぎ合う場でありたいという、オーナーの思いが伝わってくる居心地の良いお店です。
    (奈良県・正会員 M.N.)

    住所 埼埼玉県北足立郡伊奈町小室11064
    電話 048-796-0445
    営業時間 日・月・火・水 11:00~17:00
    メニュー 有機栽培コーヒー、紅茶、柚子ジンジャー、オレンジジュース、
    週替わりパスタ、 気まぐれスープランチ、ケーキ各種他
    定休日 不定休
    HP https://tumuginoie-ooshima.jimdofree.com

    ,

  • 埼玉/ゲストハウス、カフェ&バー「ちゃぶだい」

    埼玉/ゲストハウス、カフェ&バー「ちゃぶだい」manimani」1

    小江戸・川越とおばれ、観光客で賑わっている蔵通りを横道に入った住宅街に、一軒の長屋がある。築100年の民家をリノヴェーションしたゲストハウス、カフェ&バー「ちゃぶだい」。 ちゃぶだいを運営する戎谷さん、西村さん、田中さんの3人は、川越市が2018年に開催した「まちづくりキャンプ」を通じて知り合い。3人に共通していたのは川越でゲストハウスをしたいとの思いだった。1年かけて探し、見つかったのが、かって肥料問屋だった築100年の民家。大家さんはとても理解があり、自由になんでもしてもいいよと言ってくれたそうで、古民家の良さを生かしながらワークショップなどをして自分たちの手でリノベーションをし、2019年に「ちゃぶだい」をオープン
    1階の一部と 階がゲストハウス,現在は1 階の客室が「書ー店街」という本屋スペース。中庭には「眼鏡工房」やレンタルスペース小屋がある。農家直売のマーケットや朝ヨガ などのイベントも開催。「ちゃぶだ い」は多様な機能がある複合施設に なり、地域の人と川越に来た地域外 の人が交わるハブとなっている。 ゲストハウスには、古民家でゆっ くりしたい人や、「ちゃぶだい」を目 的で来る人も多いそうだ。運営ス タッフやその場にいる人びとと自然 に交流ができるのも魅力。
    民家の落ち着いた雰囲気と、和 やかな空気がとても居心地がいい「ちゃぶだい」を訪れると、スタッ フのみなさんが満面の笑顔で迎えて くれる。運営者の1人である西村さ んは、いつもきさ くに声をかけてく れ、川越情報をた くさん教えてくれる。「ちゃぶだい」 の今後や川越をもっと楽しい街にし たいと、想いも語ってくれた。
    こうしてひとつでも多くの民家が 次世代に受け継がれることを願う。
    (東京都・友の会会員 S.N.)

    住所 埼玉県川越市三久保町1-14
    電話 049-214-1617
    カフェ・バー 定休日 毎週水曜日
    宿 泊 ドミトリー(相部屋)と個室の2種
    HP https://www.chabudai-kawagoe.com/
     

    ,