イベント報告 イベント報告」

イベント報告

イベントやセミナーに参加したJMRA会員の投稿コーナーです。

  • オンライン/<民家の学校>ちょこっとオンライン交流会

    2021年5月8日(土)
    オンライン
    参加:受講生8名

    緊急事態宣言により第2回講座(塩山)が延期となり、次の講座まで時間が 空いてしまうため、自由参加で「ちょこっとオンライン交流会」を開催しました。「交流しよう、気楽にスタッフや受 講生と!」をテーマにして、前半は、塩山・八王子講座の紹介、今後のスケ ジュール説明。後半は、交流会として、2セッション行いました。1.古民家再 生の話等、受講生が興味ある4つの テーマで、2.自由テーマで。どのグループもセッションの時間内で話し足りないほど盛り上がりました。皆さん、次回のリアル開催を楽しみに してのお開きとなりました。(友の会会員K.I.)

  • 埼玉/〈民家の学校オープンスクール〉 小川町まち歩き&再生民家見学

    2021年4月24日(土)
    埼玉県比企郡小川町
    参加:24名

    春風心地良い小川町。24名の参加者とともに古き建物や蔵が残る町を往時に思いを馳せながら歩く。元銀行 だった建物の再生現場、民泊宿として実際に活用されている川沿いの民家、 サテライトオフィスとして生まれ変わ る大谷石の石蔵、交流拠点として息を吹き返した養蚕技術伝習所だった建物 を巡りました。 それらの建物に関わる方々からの講話はどれも興味深く、参加者からは建物に関することだけではなく、移住に関することまで熱心な質問が飛び交い、 武蔵の小京都での充実の 1 日となりま した。 (友の会会員S.I.)

  • オンライン/〈民家の学校〉 入学式 民家の原点

    2021年4月4日(日)
    オンライン
    参加:受講生26名

    昨年度延期となった民家の学校を2年ぶりに、そして初めてのオンラインにて開催しました。入学式の今回は、「民家の学校を楽しい雰囲気の中でお伝え しよう!」をスタッフのテーマにして、前半は、1.自己紹介、2. 6チームに分かれてのワークショップと全体発表。後半は、3. 樹種当てク イ ズ( 事前 に 6種類の樹木片をお送りしました)、4.安田徹也 さん(竹中大工道具館学芸員)から「木 と民家について」、「民家の形を決めるもの」をテーマとした講演。そして、最後に交流会と盛り沢山のメニューでした。 現地講座でお会いできることを楽しみ にしての閉会となりました。(友の会会員H.T.)

  • オンライン/連続講座6 ・日本の住まいの成り立ち ~東アジアの森と民家造~

    小屋と倉 ―板倉構法への展開―
    2021年3月7日(日)
    参加:オンライン 60名
    民家再生技術部会

    3年前の九州民家大学での安藤邦廣 先生のお話を東京で聞きたいと企画しましたが、新型コロナウイルスに翻弄され、Zoomウェビナーで開催に。毎回が緊張の連続でスタッフ各人の力を結集し何とか乗り切りました。最終回は、未来の生き延びる知恵に繋がる「小屋と倉」のお話で、先生の板倉構法の活動に展開して完結しました。災害の多い日本列島で暮らす私たちは今、解いて畳んで大八車に載せて安全な場所で組み立てて住む先人の知恵に学ぼうではありませんか。全6回を通じ地球規模で民家を見つめた感激と感謝の半年間でした。(正会員S.S.)

  • オンライン/連続講座5・日本の住まいの成り立ち〜東アジアの森と民家造〜

    茅葺きの民俗学
    2021年2月14日(日)
    参加:オンライン 58名
    民家再生技術部会

    「茅」はススキ、ヨシ、笹、小麦ワラ、稲ワラなどの総称。稲作によって得ら れる稲ワラ、火山性の土に育つススキ。 文化や地質によって日本各地に広まった、茅葺屋根と茅を利用した農のある暮らしについて学びました。屋根材、飼料、敷草などさまざまな用途で使われた後、肥料として無駄なく使われる茅。なんてエコロジー!現 在トタンの下に眠る茅葺屋根たちが目 覚め、茅を使う日常が復活する未来を 想像してわくわくしました。 (友の会会員M.A.)