イベント報告」 イベント報告

イベント報告(民家の学校)

イベントやセミナーに参加したJMRA会員の投稿コーナーです。

  • 山梨/<民家の学校>民家の風土と」源流をたずねて

    2022年5月15日㈰
    山梨県笛吹市 芦川集落
    参加:受講生22名

     第2回講座の2日目は、コロナ禍のため半日オプション開催となったが、参加者が多く、盛況だった。朝は散策しながら集落内へ。欅の大木、関所の門跡が歴史を感じさせる。原邸では芦川に長く住み続ける原さんより集落の歴史と課題の講義を聞き、藤原邸では 芦川の兜造屋根を観察。牛蒡茶caféでは古民家を活かし、芦川産の牛蒡で地域おこしに取り組むオーナー・岩間さんのお話を聞いた。昼食は牛蒡茶と原さん手作りの地域食材料理を堪能。
     民家と気候風土のつながりを実感した2日間だった。 (K.H)

  • 山梨/<民家の学校>民家の風土と源流をたずねて

    2022年5月14日
    山梨県甲州市塩山
    参加:受講生33名

       第2回講座の1日目は、山梨県甲州市塩山で行われました。コンセプト「民家の風土と源流をたずねて」のもと、午前は重要伝統的建造物群保存地区上条集落へ。NPO法人山梨家並保存会の方、寺社および民家の改修を手掛けられている工務店の方、集落活性化の会会長のお話をうかがいました。午後は塩山に移住された方のお宅を訪問し、設計士の方も交えながら民家移築のリアルな声をお聞きし、仲間とともに楽しく学ぶことができた充実した時間となりました。 (M.S)

  • 東京/<民家の学校>入学式

    2022年4月10日
    場所:東京都江東区・大正記念館
    参加:受講生33名

     22期のテーマは「結」。入学式では新しい仲間やスタッフそして民家との絆を深めていただきたいとの思いを込めたプログラムを実施しました。
     受講生同士の自由な対話や、実物の木・ススキ・ワラを使った班単位の共同作業などを通じ、各班ともチーム活動のスタートを切りました。また、建築士の赤川真理さんの講義では、これからの講座の基礎となる民家の歴史と専門用語を学びました。
     この1日が新受講生と民家の絆を深める大きな一歩になれば幸いです。(T.S)

  • 東京/<民家の学校>修了式

    2021年12月5日
    場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
    参加:受講生17名

     コロナ禍にて、延期を繰り返しながら開催した21期民家の学校も無事に修了式を迎えました。
     講義では「民家を継ぐ」をテーマとして、築約100年の民家店主2名の講師(東京板橋「板五米店」永瀬さん、浜松天竜「まろや」三須さん(民家の学校OB))にご講演いただき、それを受けた受講生の熱い意見交換と発表が行われました。
     最後は、野崎校長より修了証書の授与。
     それぞれの学びと出会いから、新たな広がりが生まれることを願っての閉校となりました!(H.T.)

  • オンライン/<民家の学校>移住について考える

    2021年11月27日
    オンライン
    参加:受講生9名

    今回は現場での開催はせず、「移住について考える」と題し栃本集落にお住まいの方々へオンラインインタビューをすることになりました。
    ゲストは地域おこし協力隊に参加したことがきっかけで移住された吉本隆久さんと、民家の学校で集落に出会い、現在栃本で民宿を経営されている出倉正和さん(民家の学校15期生)。参加された方は2拠点生活、地方移住について興味をお持ちの方が多く、皆さん2人の回答を熱心に聞いてくださっていました。2拠点生活の老後生活、福祉などについてもお話しいただき、より具体的にイメージできる貴重な機会になりました。(H.K.)