イベント イベント

イベント&おしらせ


JMRAでは、どなたでも参加できるイベントを全国各地で企画、開催しています。
参加ご希望の方は各イベントの「申込先」に、イベント名、参加を希望する全員の氏名、住所、連絡先(電話、ファクス、メールアドレス、携帯電話番号など)を明記して、お申し込みください。

※定員に達した場合は、締切日前でも募集打ち切りとなる場合がありますのでご了承ください。
※民家再生見学会などは、建物の持ち主のご理解とご協力を得て行っています。ご配慮をお願いします。

  • 申し込み受付中2022年08月20日

    静岡/左官名人「伊豆の長八」とナマコ壁ツアー [松崎町~南伊豆町子浦]

    2022年3月に延期になったイベントが8月に開催されます。鏝絵で名を馳せた「伊豆の長八」の作品などを巡るツアーです。

    イベント概要

    伊豆松崎は今でも190棟余りのナマコ壁の家が残る風情のある町並みです。鏝絵で名を馳せた「伊豆の長八」の作品は美術館だけでなく寺・神社・旧家などでも大事に遺されています。通常観ることができない名作も拝見しながら、ナマコ壁などの左官技術にも想いを寄せて巡ります。
    案内人は「左官回話」の著者で左官技術に詳しい美術仕事人の木村謙一。夜には日本の民家研究の第一人者、安藤邦廣筑波大学名誉教授との対談。宿泊は長八自ら棟梁を務めたと伝わる座敷蔵や幾つもの名作が遺る「山光荘」。2日目は風待ち港の風情が残る南伊豆町子浦に遺る名品も訪れる、長八と共に旅する密度のある2日間です。(企画:民家再生技術部会)

    募集要項・お申込み

    日時8月20日(土)12:20~21日(日)17:00 雨天決行
    集合8月20日(土)12:20 伊豆の長八美術館 駐車場(静岡県賀茂郡松崎町松崎23)
    交通:伊豆急下田駅から松崎バスターミナルまで、バスで50分+徒歩15分程度orタクシー5分。
    ※昼食は済ませてご集合ください。
    日程(予定) <8月20日(土)松崎町街歩きと対談>
    12:20長八美術館駐車場集合。宿泊する山光荘(長八の宿)まで移動し見学。その後近藤邸・中瀬邸・春城院・長八記念館浄感寺、長八美術館などを巡りつつ街歩き。夕食後、安藤邦廣×木村謙一の対談「民家と左官」、懇親会(懇親会は任意)。
    <8月21日(日)バスツアー>
    8:30長八美術館集合。貸切バスで、旧依田邸、岩科学校、左官・鏝絵職人の工房、山口集落を見学。バスで南伊豆町子浦に移動。金泉寺の後昼食。五十鈴川美術館、旧郵便局、旧小泉三申邸を巡る。15:00長八美術館、17:00頃伊豆急下田駅に到着・解散。
    募集人数各プラン定員に達ししだい締め切り
    1.山光荘宿泊プラン(両日参加):20名
    2.20日街歩きと対談プラン:宿泊プラン参加者を優先して30名に達するまで
    3.21日バスツアープラン(貸切バス):宿泊プラン参加者を優先して25名に達するまで
    参加費 1.宿泊プラン:29.000円 、JMRA会員24.000円
    2.20日のみ:9,000円、JMRA会員6,500円
    3.21日のみ:9,000円、JMRA会員6,500円
    ※20日夕食費(2,000円程度)、懇親会費(1,500円)程度(任意参加・持込み歓迎)、21日昼食費は、含みません。
    締切日8月2日(火)
    申込先JMRA事務局FAX:03-5216-3542、または、お申込みフォームまで。参加者一名ごとに、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、FAX番号、メールアドレス、会員の方は会員番号、参加希望プラン(1、2、3)、集合場所までの交通手段をお知らせください。
    当日連絡先090-2714-6209(長田)、080-5099-9160(髙野)
    特記※このツアーは株式会社伊豆バス旅行部(静岡県知事登録旅行業第3-640号)の取り扱いで実施します。

    , ,

  • 申し込み受付中2022年07月23日

    山梨/日本民家再生協会設立25周年記念企画 民家再生ワークショップ

    40年間空き家になっていた山梨の養蚕農家をみんなで再生するワークショップ。自分たちの手で民家が生まれ変わっていくところを見ることができるのは、貴重な体験になるでしょう。

    イベント概要

    ★Click here for English version!

    甲州の典型的な特徴を持つ築約150年の古民家。十数年の空き家期間を経て、手付かずの段階から始める民家再生のワークショップです。実際に民家再生に関わり、民家を残すことにつながる講座を6回行います。民家を深く知りたい人、自分で直したい人、そして何より日本の民家を愛する人の参加をお待ちしています。なお、ワークショップの指導は当協会「民家の学校」の初代校長でJMRA民家再生技士の大沢匠氏が行います。(主催:民家お助け隊、民家まちづくり部会)

    講座内容と日程

    ■ 進行状況や天候による影響、新型コロナウイルスの感染状況等の理由により、内容が変更となる可能性があります。
    ■ 2022年度の講座は本格的な民家再生(作業)の準備段階となります。数年をかけて完成させるプロジェクトです。
    ■ この講座は2023年度も継続する予定です。次年度は空きが発生次第お知らせします。

    【第1回】7月23日(土)~24日(日)
    民家を知る
    【第2回】8月20日(土)~21日(日)
    民家を測る
    【第3回】9月17日(土)~18日(日)
    民家再生計画を考える
    【第4回】10月22日(土)~23日(日)
    民家を解体する(建物の一部を解体します)
    【第5回】11月19日(土)~20日(日)
    民家再生を始める
    【第6回】12月17日(土)~18日(日)
    民家再生を実行する

    募集要項・お申込み

    日にち日程欄をご覧ください。(※雨天決行)
    場所山梨県山梨市三富川浦
    ※<電車>JR中央線山梨駅下車 路線バスにて約45分
     <車>中央高速 勝沼ICより約40分
     (現地駐車場あり ※事前にご連絡ください。)
    集合土曜日:午前11:00/日曜日:午前10:00 現地に集合
    募集人数20名 ※定員に達し次第締め切り
    ※中学生からご参加いただけます。
    ※定員が限られているため、建築のプロの方のご参加はご遠慮ください。一般の方に民家再生の楽しさや可能性を実感していただくための講座を目指しています。
    参加費28,000円、JMRA会員21,000円、中学生15,000円 ※事前振込、各6回分。
    ※参加費には保険代が含まれます。
    ※食事代、宿泊費、交通費は各自ご負担ください。
    ※お振込み確認後、地図およびバス時刻表をEメール等にて送付いたします。
    締切日6月30日(木)
    お申込先参加者一名ごとに、氏名、住所、携帯電話番号(ない場合は固定電話番号)、メールアドレス(ない場合はファクス番号)、会員の方は会員番号をお知らせください。お申込みは、JMRA事務局(こちらのフォーム)までお願いいたします。
    お振込先お申込みの方にEメール等でお知らせします。事務局からの受付返信を待って、お振込みください。
    当日連絡先090-8594-7246(大沢)
    持ち物・服装服装等:作業用の衣服、雨天用カッパ、軍手(ヘルメットは用意します。)、マスク(ホコリ対策を兼ねる)
    持ち物:筆記用具(消しゴム付鉛筆)、A-4ノート、コンベックス(3m以上)、灯具(懐中電燈、ヘッドランプ等)、虫よけスプレー、飲み物
    宿泊について宿泊は上条集落にある一棟貸し古民家(定員20名)の甲州民家情報館「もしもしの家」が便利です!
    ご予約の際は、「日本民家再生協会のイベントに参加します」とお伝えください。
    もしもしの家 https://koushu-minka.jp/

    , ,

  • 申し込み受付中

    JMRA 25th Anniversary Initiative “The Yamanashi Mitomi Old Farmhouse Restoration Workshops”

    Outline

    ★日本語版は→こちら

    This program involves a 150 year old farmhouse typical in the south-eastern Yamanashi region with its distinctive structure. Following more than 10 years of no use, this house will be restored over a series of six workshops and house-restoration lectures. For those who want to learn about old house restoration and Japan’s old house building heritage, this program will offer an excellent hands-on learning opportunity. Actual operations of this workshop series will be conducted by Mr. Osawa, the founding principal of the JMRA Minka School. He is also designated as a JMRA Minka Restoration Architect.(Organizer Sub committees:JMRA MINKA Otasuketai /JMRA MINKA Mchidukuri-bukai )

    2022 Schedule & Key Themes

    ※Rain:Will be held

    【1st】July 23(Sat)~24 (Sun)
    To know “What is Minka?”
    【2st】August 20 (Sat) ~ 21st (Sun)
    To take Minka structure measurements
    【3st】September 17 (Sat)~18 (Sun)
    To plan Minka restoration
    【4st】October 22n (Sat)~23 (Sun)
    To disassemble Minka (and where to disassemble)
    【5st】November 19(Sat)~20 (Sun)
    To start Minka reassembly
    【6st】December 17(Sat)~18(Sun)
    To execute Minka restoration

    Requirements/How to apply

    LocationKawaura Mitomi Yamanashi-shi Yamanashi-ken
    AccessBy train: By JR Chuo Line. Get off at Yamanashi-shi Station, 45mins by bus
    By car: Via the Chuo Expressway. 40 mins from the Katsunuma Exit
    (Parking space at the house location available. An advance notice/call is requested.)
    Time・PlaceThe Saturday workshops: Starting at 11:30am
    The Sunday workshops: Starting at 10:00am
    At the house location
    ParticipantsUp to 20 participants accepted.
    ※participants must be at least 13 years old.
    ※This program is designed for non-professionals in house building.
    Participation FeesJPY28,000、JMRA Members: JPY21,000、Children (Up to 15 years old) JPY15,000
    ※Included in the participation fees:Volunteer Insurance included in the participation fee. ※Additional:Participants are responsible for their own lunch, a room or hotel arrangement, transportation expenses to and from the workshop location.※For those interested in over-night staying at a restored old farmhouse, we will provide information on Koshu Minka Johokan “Moshimoshi House” in the Kamijyo district, a 30 min drive from the workshop location. One fee a night for the entire house with a thatched roof for up to 20 people (no food provided).
    ※An areal map and the bus schedule will be provided to the participants.
    Application deadlineJune 30th (Thu)
    Application formhttps://minka.or.jp/web/form/inquiry
    PaymentFor your participation fee payment, we will email you our bank account information.
    Contact on Workshop DaysMobile: 090-8594-7246(Takumi Osawa)
    Others✓ Clothes: Work clothes, a rain jacket, work gloves (we will provide a work helmet) 
    ✓ Memo: A pencil with an eraser, a memo notebook, a convex (over 3 meters), a flashlight, a headlight

    , ,

  • 締め切りました2022年06月25日

    埼玉/羽生市「古民家の実測・活用提案をしてみよう!」

    民家の実測体験と、活用方法について考え提案するワークショップ。舞台は埼玉県にある染物屋さんの建てた民家です。

    イベント概要

    講座会場の古民家(築70年程)は藍染(武州藍染)のまち、埼玉県羽生市にあります。冨田染物店ニ代目(冨田染工場一代目)冨田辰蔵氏によって“おもてなし“を行うために建てられました。(冨田家は江戸~昭和まで商標を変えながら染物屋を営みました。)本講座は古民家再生に深く携わる設計士を講師に招き、古民家再生で大切な実測を行いながら、活用方法について考え提案する会です。古民家の実測・再生・活用方法について学んでみませんか?
    (主催:民家の学校オープンスクール)
    ※新型コロナウイルスの感染の状況次第により、内容を変更または中止する可能性があります。

    ■講師:藤本氏(鎌倉設計工房)、高野氏(高野量平アーキテクツ一級建築士事務所)、石川氏(石川設計)

    募集要項・お申込み

    日時6月25日(土)10:00~16:00 ※雨天決行
    場所埼玉県羽生市南3丁目8-12(東武伊勢崎線 羽生駅東口より徒歩約9分)
    集合10:00 現地集合
    ※お車をご利用の場合は、羽生駅周辺の有料駐車場をご利用ください。(西口に多くあります。)会場近隣には有料駐車場がありません。
    日程午前:建物見学及び実測(展開図)、昼食(休憩)  午後:再生活用方法についてディスカッション・提案
    ※昼食は家主のご厚意による軽食を用意します。
    募集人数25 名 ※保護者同伴であれば小学生以上、一人での参加は中学生からとなります。
    参加費2,000円、JMRA会員1,500円 現地にて集金
    ※当日の軽食代・行事保険代を含む。
    締切日6月19日(日)
    お申込先参加者一名ごとに、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、会員の方は会員番号をお知らせください。お申込みは、JMRA事務局(FAX:03-5216-3542またはこちらのフォーム)までお願いいたします。
    当日連絡先090-7239-4207(鴨志田)、090-1438-0928(石川)
    持ち物服装:汚れても良い服、室内履き、筆記用具、飲み物、タオル、保冷剤等暑さ対策
    ※あった方が便利な物:メジャーor コンベックス、ライト(頭に付ける物の方が両手が開くので便利)、三角スケール、軍手、着替え、地下足袋等すべらない履物
    注意事項コロナ感染拡大防止対策のため、当日は以下の点にご注意ください。
    ・検温にご協力ください。37.5℃以上の発熱のある方はご参加を遠慮願います。
    ・マスク着用、アルコール消毒などの対策にご協力をお願い致します。

    , ,

  • 締め切りました2022年05月14日

    東京/「青梅の築120年の民家」再生完成見学会

    イベント概要

    建築好きの歴代当主が大切に住み継いできた築120年の民家を、次代の若い家族が住み継ぐことに。典型的な田の字型座敷を広々としたリビングにしたり、伝統工法の良さを生かしながら、耐震補強や寒さの解消をしたり…随所に工夫がされています。伝統民家所有者の方や、いつか古いお家に住みたいとお考えの方、「昔ながらの家を壊さずに、その良さを生かし快適に住み継ぐ」その好例がここにあります。ぜひご参加ください。
    (設計:松井建築研究所、主催:民家再生推進委員会)

    募集要項・お申込み

    日にち5月14日(土) ※見学時間は1時間半程度です。
    集合 10:30 JR青梅駅 改札前
    募集人数12名 定員に達し次第締め切り 定員に達したため、ただいまキャンセル待ちでの受付です。
    ※中学生未満はご参加いただけません。
    ※6名ごとに分かれて見学します。
    参加費1,500円、JMRA会員500円 現地にて集金
    締切日5月11日(水)
    お申込先参加者一名ごとに、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、会員の方は会員番号をお知らせください。お申込みは、JMRA事務局(FAX:03-5216-3542またはこちらのフォーム)までお願いいたします。
    当日連絡先080-9352-6647(事務局)

    , , ,