イベント イベント

イベント&おしらせ


JMRAでは、どなたでも参加できるイベントを全国各地で企画、開催しています。
参加ご希望の方は各イベントの「申込先」に、イベント名、参加を希望する全員の氏名、住所、連絡先(電話、ファクス、メールアドレス、携帯電話番号など)を明記して、お申し込みください。

※定員に達した場合は、締切日前でも募集打ち切りとなる場合がありますのでご了承ください。
※民家再生見学会などは、建物の持ち主のご理解とご協力を得て行っています。ご配慮をお願いします。

  • 締め切りました2024年06月01日

    兵庫/民家の学校オープンスクール 竹中大工道具館見学

    大工道具の歴史や種類に加え、木や伝統美などの数々の展示がある「竹中大工道具館」の見学会を行います。講座では本館展示に精通されている現神戸大学准教授の安田徹也氏(博士(工学)・一級建築士)にご案内いただきます。安田氏のご案内は民家に関わる歴史や風土など多岐に渡り、毎回新たな発見があると人気の講座です。ぜひご参加ください。(企画:民家の学校オープンスクール)

    募集要項・お申込み

    日時6月1日(土) 13:30~16:30 ※雨天決行
    場所竹中大工道具館(神戸市中央区熊内町7-5-1)
    集合13:00 新幹線新神戸駅 改札前
    募集人数25名 ※定員に達し次第締切
    参加費2,500円、JMRA会員2,000円 現地にて集金
    ※入館料込み
    ※17:30頃より安田氏を囲んで懇親会を予定(参加費は別途実費、場所は三宮駅周辺)
    締切日5月24日(金) 定員に達しました(キャンセル待ち)
    お申込先参加者一名ごとに、こちらのGoogleフォームよりお申込みください
    ※懇親会参加の有無を講座申込時にお知らせください
    ※参加確定の方は、申込み締切後にこちらからご連絡いたします
    当日連絡先090-5203-8948(瀬口)、090-6497-2051(鈴木)

    , , ,

  • 締め切りました2024年05月19日

    東京/民家再生技術講座『屋根』その二「屋根漆喰」〜瓦屋根を守り彩る漆喰の機能と意匠〜

    風雨から瓦屋根を守るために瓦の目地喰を盛り付けたものを「屋根漆喰」と言います。これが防水や接着という機能的な役割を超えて「影盛り」や「カノコ」もしくは「ツブ」などと呼ばれる装飾に発展し、伝統的な町並みを彩っています。今回は、全国の重要文化財の修復や民家再生工事で活躍されている左官職人・白石博一さんにお話をお聞きし、さまざまな屋根漆喰とそこから生じた漆喰塗り技法の発展について深堀りしたいと思います。会場である「一之江名主屋敷」の棟瓦(グシ)の漆喰も白石さんの施工であり、こちらも説明をお聞きし見学します。(企画:技術部会)

    募集要項・お申込み

    日時5月19日(日) 12:30~14:45 ※雨天決行
    集合12:30 現地 (受付12:20~)一之江名主屋敷(東京都江戸川区春江町2丁目21-20)
    日程12:20 受付開始
    12:30 集合、現地係員による説明
    13:00 屋根漆喰についての対談・質疑応答
    14:45 現地解散予定
    参加費JMRA会員1,700円、一般2,200円 ※現地入場料込み
    募集人数28名 ※定員に達し次第締切
    締切日5月15日(水)
    お申込先 参加者一名ごとに、こちらの Peatix(ピーティックス)よりお申込みください
    当日連絡先090-5826-9156(本多)

    , , ,

  • 申し込み受付中2024年05月15日

    令和6年能登半島地震につきまして

     令和6年能登半島地震で被災された皆さま、ならびにご家族・関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。現地の皆さまの生活が一日も早く正常通りに戻ることをお祈りしております。

     日本民家再生協会では、令和6年能登半島地震災害への支援を行うべく、寄付金を受け付けております。
    当協会では「日本の民家を次代に引き継ぐ」という活動理念に則り、これまでの自然災害に際して伝統的な民家が安全に次代へ引き継がれるための様々な支援活動を行ってきました。

     皆さま方からお寄せいただいた寄付金は、被災した民家の修復を支援するための活動に使わせていただきます(※)。
    寄付金の使途や活動内容に関しては、後日ホームページや当協会機関誌『民家』にて報告いたします。

     ※過去の震災においては、被災民家修復支援活動や、現地へのお見舞金、様々な復旧活動支援のために寄付金を使わせて頂きました。


     【令和6年能登半島地震災害支援寄附金口座】
    みずほ銀行 麹町支店 普通預金 口座番号1239336
    特定非営利活動法人日本民家再生協会 震災救援募金

     ※お振り込みの際の振込手数料はかかりません。

    《受付期間》 2024年1月18日(木)~ 申込受付中



    寄付控除のための寄附金受領証が必要な方は以下を必ずご確認ください

    ■ 日本民家再生協会は、東京都より認定を受けた「認定NPO法人」です。
    今回のご寄附につきましても、通常のご寄附と同様、確定申告によって寄付金控除等の税制優遇を受けることができます。
    税制優遇を受ける際に必要となる「寄附金受領証」にはお名前とご住所が必要となります。お手数ですが、ご寄附にあたっては、こちらのご記入フォームをクリックしていただき、お名前、ご住所等を入力くださいますようお願いいたします。ご入金を確認後、寄附金受領書を郵送いたします。



    2024.02.14追記
    今後の震災対応に関する方針を検討するためのオンライン会議を開催しました。
    参加者は、全国各地で震災対応した経験のある正会員5名と、代表理事・副代表理事・事務局員。協議した内容は以下の通り。
    ・石川県・新潟県在住の正会員から、現地の最新状況報告
    ・過去の震災時のJMRAとしての活動内容の振り返りと確認
    ・今回の震災においてどのような活動が求められているのかを検討

    ,

  • 締め切りました2024年04月30日

    山梨/民家再生ワークショップ 第Ⅲ期 参加者募集!

    民家再生ワークショップって?

    今年も、山梨の自然と歴史に囲まれた「山梨三富の古民家」再生の第Ⅲ期ワークショップを開催します!
    2022年から連続2年間、築150年余となる元養蚕農家の実物を教材として再生ワークショップを行ってきました。今回で3年目です。2024年は、5月から10月まで各月1回、合計6回を予定しています。
    参加者は、「古民家再生」をどのようにして、どこから手を付けるかといった基本知識を学び、実作業にて身をもって経験して民家再生を体験していただくことができます。(企画:民家お助け隊)

    講座内容と日程

    ◆ 第3期 民家再生ワークショップの予定(全6回)◆ ※いずれのワークショップも10:15集合、16時前後まで作業

    ☆ 第1期の様子は→こちらからご覧ください。

    第1回 味噌蔵(昨年移築)の竹小舞土壁塗り 5/25(土)、26(日)
    第2回 板床張りの仕上げ 6/15(土)、16(日)
    第3回 雨落ち排水工事 7/20(土)、21(日)
    第4回 木小屋の引き起こし工事 8/17(土)、18(日)
    第5回 床下オンドル・ペチカの試作実験 9/21(土)、22(日)
    第6回 三階床張り(宿泊可能にするための) 10/19(土)、20(日)

    募集要項

    開催場所 山梨県山梨市三富
    募集人数 20名

    ※但し、定員ギリギリの場合にワークショップI期及びII期生優先になる場合があります。

    受講料 【全6回分 一括前払い】一般29,000円、JMRA会員22,000円
    受講料の支払い確認をもって登録完了となります。
    【受講料のお振込み先】郵便振替:00190-0-396443 特定非営利活動法人日本民家再生協会(備考欄に「山梨WS」とご記入ください), 銀行振込:みずほ銀行 麹町支店 普通預金 No.1783193(お名前の前に「Y」とご入力ください) 

    ※同時入会の場合も会員割引となります。正会員は入会金10,000円/年会費12,000円、友の会会員は入会金不要/年会費6,000円(学生は3,000円)。→入会のご案内

    応募締切 4月30日(火)

    ※定員になり次第締切

    参加者準備品等 参加者決定後に連絡します

    ※食事・宿泊代、交通費は各自にてご負担ください(近くの宿泊情報はご連絡します)

    申込み 参加者一名ごとに、こちらのGoogleフォームよりお申込みください。
    イベント開催時に行事保険をかけるため参加者のお名前(フルネーム・漢字)が必要です。また、緊急連絡のためにお電話番号も入力をお願いします。

    , , ,

  • 締め切りました

    Old Farmhouse Restoration Workshop 3nd Year

    ■Yamanashi Farmhouse Restoration Workshop
    This is a traditional farmhouse type typically found in this Yamanashi region. This workshop series started in 2022, and work will focus on a Yamanashi farmhouse built 150 years ago. Participants will learn key aspects and work related to where and how to restore an old house. This WS is our 3rd year offering. Check to see footsteps of the last year’s WS at our website https://minka.or.jp. Mr. Takumi Osawa, the owner of this farmhouse and the founder principal of JMRA Minka School, will be the workshop instructor. The participants will enjoy the natural surroundings too.

    ■What you will learn
    There is a long history behind minka traditions supported by the entire village community called “Yui”- mutual support practices. Our goal of the workshop is to learn and to have an experience of minka restoration steps. We want to use natural building materials and learn about nature friendly sustainability。All sessions will be in Japanese.

    ■Meeting frequency
    Old farmhouse restoration workshop series (2024 May through Oct with 6 monthly meetings, one weekend a month).

    Takumi Osawa:info@o-sekkei.com
    Toshiaki Matsumae:toshiakimatsumae@gmail.com

    YouTube

    ■Last Workshops in YouTube
    Click here!

    Schedule & Key Themes

    Each workshop will start at 10:15 and finish at around 16:00.
    【1st】May 25-26 Mud wall building
    【2nd】June 15-16 Wood flooring
    【3rd】July 20-21 Drainage making; outside for rain water
    【4th】Aug 17-18 A hut (to store fire woods for the main house) repair
    【5th】Sep 21-22 A floor heating system installation
    【6th】Oct 19-20 Upper floor building (used for silk worm raising in the past) for people to stay

    Requirements/How to apply

    LocationMitomi of Yamanashi-City
    【Rail】 45mins by bus from Yamanashi-shi Station of the JR Chuo Line
    【Car】 40mins from the Katsunuma Exit of Chuo Expressway
    Capacity20 participants
    ※Participants in the 2022/2023 workshop series with preferred admissions.
    Participating FeesParticipation fee (advance payment, and for the whole series)
    Adult¥29,000 JMRA Member¥22,000
    ※Room and meals not included.
    Reservation DeadlineApr30 2024, or when the max of 20 is reached.
    Applications are received basically on a first-come first-served basis. Upon our confirmation of your admission fee payment, your participation will be comfrmed.
    Reservation with JMRAhttps://x.gd/HL7vq
    Contact on the Event DayMobile: 090-8594-7246(Osawa)

    , , ,