民家の店・宿 民家の店・宿

民家の店・宿

情報誌『民家』の「民家の店、民家の宿」シリーズからの抜粋です。

  • 栃木/酒蔵を食事処として移築再生「瑞穂蔵」

    栃木/酒蔵を食事処として移築再生「瑞穂蔵」1

    那須インターから那須街道を那須湯本方面へ上がっていくと、一軒茶屋交差点の手前(右手)に荘厳な佇まいの「瑞穂蔵」が見えてきます。
    中に入ると、吹き抜けに重なり合う巨大で重厚な梁と桁に、しばし圧倒されます。県内の市貝町にあった築およそ130年の酒蔵を15年前に移築再生した食事処です。
    ここでは窯で炊いたおいしいお米(那須地域のコシヒカリは冷涼な気候とアルカリ質に富んだ清らかな水で育てられていて絶品)、こだわりの手作り味噌、地産地消の新鮮な野菜、鹿の湯温泉の源泉を使った温泉卵など、昔ながらの日本の味を堪能できます。
    縁側からは、今でも実際に米粉などを挽くのに使用されているという水車を眺めることもできます。那須高原へお出かけの際は、ぜひ、ランチで立ち寄りたいお店です。
    (栃木県・正会員 T.S.)

    住 所 栃木県那須郡那須町湯本新林357-32
    電話 0287-76-7550
    アクセス 東北自動車道那須インターより 県道17号線を那須湯本方面へ直進(15分)
    メニュー 田舎膳1,300円、那須産豚ロースカツ膳1,900円他
    定休日 なし(冬季期間不定休)
    HP http://www.mizuhokura.com/lunch/
     

    ,

  • 新潟/蕎麦「蕎麦 茂左衛門」

    新潟/蕎麦「蕎麦 茂左衛門」manimani」1

    豊かな自然と伝統文化が残る島、佐渡。日本家屋の良さを活かして店舗にリノベーションした「蕎麦 茂左衛門」は両津港からほど近い佐渡の田園風景の中にあります。主屋は昭和35年(1960年)に建築されたもので大黒柱や横架材にケヤキが使われており、敷地内には土蔵も残っています。建築当時の当主は木挽きを生業としていたそうです。
    佐渡伝統の「ぶっかけ蕎麦」は、あご出汁の蕎麦つゆをかけて、「もり蕎麦」には江戸前の濃くて辛い蕎麦つゆをつけて、それぞれに美味しい十割蕎麦を。山のもの海のもの、佐渡で採れる旬の食材に、こだわりの自家製調味料。Uターンでお店を始めたご夫婦の作る料理をゆっくり美味しくいただける空間です。
    現在築60年を迎え、変わるもの変わらないものを、これからも見守り続けていく、そんな温かさを感じる建物で、佐渡の良さを発信されている店主ご夫妻です。
    (東京都・正会員 Y.Y.)

    住所 新潟県佐渡市新穂田野沢163-1
    電話 0259-67-7972(完全予約制)
    営業時間 11:30~13:30 LO 17:00~ 21:00 LO
    メニュー 昼:蕎麦セット、他コース料理もあります
    定休日 日曜日(3連休の場合は日曜営業の月曜休み)
    HP http://sobamozem.com/content/

    ,

  • 鳥取/泊まれる居酒屋「てまひま」

    鳥取/泊まれる居酒屋「てまひま」manimani」1

    鳥取県大だい山せん町の小さな集落内にある「てまひま」は、月に一度だけ泊まれる鳥取/泊まれる居酒屋「てまひま」居酒屋として、普段は1組限定のゲストハウスとして営業しています。 居酒屋スペースの主屋は、明治13年に建てられた古民家をリノベーション。昔のままの茅葺き屋根(赤い鉄板葺き)や土壁、蔵に眠っていた灯籠をリメイクした照明器具など、古き良きと新しさが融合した空間です。
    月に一度だけの居酒屋の日には老若男女、地元の人はもちろん、遠方からもお客さんが来て大盛り上がりで、帰るころにはみんな仲良しに。運転の心配なく、心置きなく飲んでほしいというオーナーの思いから、月に一度の居酒屋の日は1000円で泊まれるのも魅力のひとつです。
    昭和に建てられた離れのゲストハウスでは、寝坊の宿をコンセプトに、アロマや選べるまくらなどの安眠グッズがあります。さらに敷地内に流れる清流の音で安眠効果は抜群!時計も置いていないので、時間を忘れてのんびりしてみてはいかがでしょうか。
    (鳥取県・正会員 H.K.)

    住所 鳥取県西伯郡大山町長田282
    アクセス 山陰道大山IC、淀江ICよりそれぞれ車で5~10 分
    居酒屋 毎月最終水曜日営業 おでん70円~
    ゲストハウス 1泊4,500円/人(9名まで)
    定休日 月曜日・火曜日
    HP http://tema-hima.com/

    ,

  • 東京都/Gallery & Book cafe 「松庵文庫」

    東京都/Gallery & Book cafe 「松庵文庫」manimani」1

     西荻窪駅から閑静な住宅街を歩くと、ふと足を止めたくなるような、緑に縁取られた木造家屋の小さなカフェがある。
    本が好きなオーナーの岡崎さんが、地名である「松庵」に「文庫」をつけて名付けた
    。 もともとこの近所にお住まいだったが、ここの家主である音楽家ご夫妻の旦那さまが亡くなられた後、お住まいを譲り受け、なんと、飲食業未経験でカフェを開くことになった。
    岡崎さん曰く「怖いもの知らずだった」が、ご縁に恵まれ、無事7年目を迎えるとのこと
    。 音楽家ご夫妻の教え子が訪れ、「残してくれてありがとう」とお礼を 言ってくださったのがとても嬉しくて、心の支えになっている、と話す。 ランチメニューは、お肉かお魚を選べる「お米御膳」、豚肩ロースカレー、スイーツはクレームブリュレやトライフルなど、暦に合わせて丁寧に作られる。
    中庭に植えられた樹齢100年のツツジを眺めつつ、ゆったり流れる時間を味わってみてはいかがだろう。
    (取材:東京都・友の会会員 Y.M.

    住所 東京都杉並区松庵3-12-22
    アクセス JR中央線西荻窪駅から徒歩7分
    電話 03-5941-3662
    メニュー お米御膳1,390円、季節のトライフル650円(季節の旬の果物で提供します)。
    定休日 月・火
    営業時間 水~金11:30~21:30、 土・日11:30~18:00
    HP http://shouanbunko.com

    ,

  • 鹿児島/民泊処・レンタルスペース「三昧房屋 manimani」

    鹿児島/民泊処・レンタルスペース「三昧房屋 manimani」1

    鹿児島市の隣、日置市・日吉町。海まで歩いて5分の、緑豊かな集落の一角。 田仲淳さん・素子さんご夫妻が営む、築94年の古民家を丁寧に改装した宿がある。
    新緑の季節には、吹き抜けるそよ風を。冷え込む季節には、暖炉や石油ストーブの柔らかな暖かさを……。四季の醍醐味を肌で感じられる。
    昔からここに人が住み、暮らしを営んできた……という古民家ならではの温もりを感じてもらえたら、と話す素子さん。
    ゲストの気持ちに寄り添い、同じ目線で滞在のおもてなしをしてくれる田仲夫妻と語らうも良し、縁側から差す陽の光の移ろいを眺めつつ、畳に寝転ぶも良し。
    一度訪れると、不思議と二度、三度と足を運びたくなる、そんな宿だ。
    (取材:東京都・友の会会員 Y.M)

    場所 鹿児島県日置市日吉町日置2042
    アクセス 南九州西回り自動車道「伊集院IC」から車17分
    電話 090-3195-3611
    定休日 不定休
    HP https://manimani.space/

    ,

    鹿児島/民泊処・レンタルスペース「三昧房屋 manimani」