イベント報告 イベント報告」

イベント報告

イベントやセミナーに参加したJMRA会員の投稿コーナーです。

  • 埼玉/ 和紙のふるさと小川町で 商家町の町並みを歩く

    2019年3月16日(土)
    埼玉県比企郡小川町
    参加:15名

    伊豆井さん(NPO小川町創り文化プロジェクト代表)の案内で巡った武蔵野の小京都と称されるその町並みは、想像以上に徒歩圏内に古民家が点在し、古民家好きには格好のロケーションで感銘受けた。数寄屋造りの二葉楼をはじめ、近年世界遺産となった細川和紙の学習センター見学と盛りだくさんの内容だった。最後は恒例?の日本酒蔵元にて試飲・購買と参加者の顔が赤らんだところで解散となった。4時間半の駆け足散策だったため、次回はゆるりと酒蔵探索を!ではなく町並み散策したいと思いながら、帰宅の途についた。(友の会会員H.K.)

  • 埼玉/ 宿場町“越谷”の街づくり探訪

    11月3日(土)
    民家活用部会
    埼玉県越谷市
    参加:20名

    かつて旧日光街道の宿場町だった越谷には、明治後期に建てられた歴史的建造物が約20棟現存していて、今回それらの建物を中心に訪ね歩く好機に恵まれました。どの建物も商売を営んでいて、古民家は人が住んでいてこそ、という思いを新たにしました。見学の後、古民家複合施設「はかり屋」(旧大野邸)で催されたセミナーでは、この建物のリノベーションに携わった少壮気鋭の建築家畔あぜ上がみ順平氏の苦労談と、まちづくりへの意気込みを傾聴しました。そして施設内の再生した蔵の2階で賞味したキッシュは逸品で、お奨めします。(友の会会員J.T.)

  • 埼玉/「木に学ぶ」 原木を知る

    2015年9月5日(土)
    埼玉県飯能市
    参加:18名

    以前「土」、「竹」をテーマに連続講座を企画し、今回は日本建築文化の根幹になる「木」を4回にわたって学んでいきます。
    第1回は、「原木を知る」と題し、午前中は吾あが野の 原木市場を訪ね、材木の競りを見学。山積みの原木がどんどん競り落とされる瞬間の緊張感をリアルに体感することができました。
    午後は岡部材木店へ移動して、植林地へ。樹齢80年ほどの大木のサワラやスギが立派に育っている。最後に間伐の実演で1本のスギを実際に切り倒してもらい、林業家がいかに大変かを実感しました。(友の会会員K.N.)