民家再生事例 民家再生事例

民家再生事例(関東・甲信越)

JMRA登録事業者が設計・施工した民家再生事例を紹介します。

  • 加茂新町の家

    昭和2年頃に移築された建物。近隣の商店街がた雁木通りとして再開発されることから、空き家になる予定だったこの家を活かしたいと、レトロ感を活かして再生することに。再生にあたり、現状のままの修繕と予算を掛けないことを心がけ、水回りのみ新規設備とした。大正~昭和初期のマジョリカタイルは洗面所のワンポイントとなっている。建具で寒さ対策、天井は洗出しにて既存利用。

    (さらに…)

    ,

  • しずく亭

    活用できていなかった建物を宿泊施設として再生。浸水リスクのあるエリアのため、基礎改修と嵩上げを目的としているが、座敷などで既存の良さを残しつつ、現代的な機能も兼ね備えた改修とした。玄関土間は天井をはがして根太をあらわし、屋根裏スペースに秘密基地のような空間を造るなど、宿泊者が楽しく快適に過ごせる空間や水回りの意匠にもこだわった。

    (さらに…)

    ,

  • 上保内の家

    創建当時の姿に戻すため、幾度かの改修による合板仕上は全て撤去。分かれていた部屋はかつての広い空間に戻し、梁組を見せて吹き抜けに。再生には国産の無垢のヒノキ、新潟県産スギ材を適所に使用、壁は土壁補修の上漆喰仕上とした。外壁は遮熱シートを使用し、空気層を設け、スギ材の鎧張りとしている。現代の快適さを保ちつつ、かつての職人の手仕事が見える再生となった。

    (さらに…)

    ,

  • 小泉邸

    岡山県で民家バンク登録されていた呉服店の離れと蔵を移築。建て主は離れの美しい細工のガラス戸をとても気に入り、再生後も雨戸で隠さない形で利用している。土蔵部分は大正昭和のモダン住宅のイメージで水廻りもガラス窓やタイル等で仕上げた。伝統工法にこだわり、外壁は竹小舞から再生した。各職人と建て主が時間を掛けて納得のいくまで話し合い、理想の住まいを実現した。

    (さらに…)

    ,

  • 国府関の家

    東と北側が崖に囲まれ、当初は床下に湿気が溜まりやすい状態。再生工事では、床下の環境改善を中心に行い、構造材だけにして家全体を持ち上げ、基礎工事をやりなおし、防湿コンクリート工事を行った。玄関ホールは、居室より床を一段低くし、天井板を外して根太を適度に抜くことで、高さと開放感を出した。応接間も、新建材で覆われた部分をはがし、立派な梁を見せた。

    (さらに…)

    ,