民家再生事例 民家再生事例

民家再生事例(関東・甲信越)

JMRA登録事業者が設計・施工した民家再生事例を紹介します。

  • 加茂新町の家

    昭和2年頃に移築された建物。近隣の商店街がた雁木通りとして再開発されることから、空き家になる予定だったこの家を活かしたいと、レトロ感を活かして再生することに。再生にあたり、現状のままの修繕と予算を掛けないことを心がけ、水回りのみ新規設備とした。大正~昭和初期のマジョリカタイルは洗面所のワンポイントとなっている。建具で寒さ対策、天井は洗出しにて既存利用。

    (さらに…)

    ,

  • しずく亭

    活用できていなかった建物を宿泊施設として再生。浸水リスクのあるエリアのため、基礎改修と嵩上げを目的としているが、座敷などで既存の良さを残しつつ、現代的な機能も兼ね備えた改修とした。玄関土間は天井をはがして根太をあらわし、屋根裏スペースに秘密基地のような空間を造るなど、宿泊者が楽しく快適に過ごせる空間や水回りの意匠にもこだわった。

    (さらに…)

    ,

  • 来秀の家

    沈下修正と合わせ民家再生。既存の茅葺き上にトタンを被せた屋根は、軒先から見える茅を生かし傷んでいた部分を新しい茅に差し替えて残した。増築部分は解体し元の大きさに戻すことで、生活導線を考慮したコンパクトで住みやすい空間とした。新建材で覆われた梁や天井はシロアリ害の部分のみ交換し、使える材はできるだけ残し、梁はあらわしにして解放感を出すなどした。

    (さらに…)

    ,

    来秀の家
  • 白華山普門寺 腰掛待合

    寺社の日本庭園に、都内の料亭の古材を利用し腰掛待合を据えた。古材のほか材料を自然素材で揃え、それらを加工する職人たちとのチームワークが見事に結実した再生となった。

    (さらに…)