民家再生事例 民家再生事例

民家再生事例(東海)

JMRA登録事業者が設計・施工した民家再生事例を紹介します。

  • 三重県桑名市M邸

    再生前は家全体をガルバリウムで覆っていたため、キッチン床を中心とした基礎が腐食していた。再生にあたり、基礎のやり直し、防湿シートと竹炭での調湿・消臭・抗菌を行った。キッチン、ダイニング、リビングをオープンにすることで、また低い天井を取り払うことで、解放感のある間取りに。薪ストーブを付けることで、カラッとした気持ちの良い空間となった。

    (さらに…)

    ,

  • 政所の家

    16代以上続く旧家のかつての庄屋屋敷を再生。玄関土間から家族の生活スペースへの導線づくりと、断熱対策を重点的に行った。対面キッチンとLDK、リビング、最新の水廻り、居室と浴室のバリアフリー化など住みやすさを叶えつつ、隠されていた梁を現わしにするなど、築120年以上の民家の歴史も感じられる再生となった。

    (さらに…)

    ,

  • 三重県いなべ市W邸

    改修前は田の字のレイアウトだったが、和室一室を残し間仕切りを取り払ったワンルームに変更。ストーブにもマッチする明るく広々とした団らんスペースとなった。かつての「ツシ(小屋裏)」を生かし、収納スペースやロフトとして活用。1階との間の低い天井を取り払うことで、解放感が出た。また、基礎から除湿コンクリートの打ち直しも行い、快適さにもこだわっている。

    (さらに…)

    ,

  • 奥山さんの家

    応急的に手を入れ続けてきた家を永く残る家として再生。土間は家を訪れた人を迎える顔として残すことに。南側の通し間も民家の魅力として残した。民家ならではの構造として伝統工法で耐力を上げるため、荒壁パネルと仕口ダンパーで補強。水廻り、居間、寝室の生活空間をまとめて断熱区画とし寒さを解消した。キッチンは天窓で日照を得るようにした。

    (さらに…)

    ,

  • 勝山さんの古民家カフェ

    明治、大正、昭和と生活に合わせて増改築をくり返し大切にされてきた家。近年、この家の風情が評判になっていたこともあり、より過ごしやすい家として再生。寒さや暗さを解消し生活導線を確保、バリアフリー化をしつつ、コミュニケーションの場となっている縁側や美しい障子など、従来の良さをそのまま残した。雰囲気を損なわないよう、建具は樹脂内窓と既存建具を併用し断熱を確保している。

    (さらに…)

    ,