民家再生事例 民家再生事例

民家再生事例(古材利用)

JMRA登録事業者が設計・施工した民家再生事例を紹介します。

  • 泥湯温泉 奥山旅館

    この旅館は2016年に火災で宿泊施設を全焼しており、この地に合う古民家風の宿として再建することとなった。日本の秘湯らしく、全国のみならず海外からもお客様に来ていただける旅館を目指した。温泉施設の機能性を重視しながら、玄関ホールの柱、梁組、各部屋にも古材をふんだんに使い全体を懐かしい雰囲気に。玄関の車寄せは茅葺きとし、旅館のイメージを強く作り出している。

    (さらに…)

    ,

  • 祖母との暮らしを楽しむ家

    古いものが好きな建築主の要望で、意匠的に古材を使用。介護のため、祖母の部屋周辺に、トイレ、浴室等の水回りを配置。家族が一日のほとんどを過ごすリビング・ダイニングは、壁で仕切られていた古い座敷2間を広々とした一つの部屋に変更した。既存古材の柱・梁を残しつつ、新たに古材梁を入れたことで落ち着きのある空間となった。

    (さらに…)

    ,

  • 都心の二世帯住宅

    85年前に先代が土地と共に購入した洋風の家。建主のご希望で民家再生として設計を進めていたが、二世帯住宅のため2階部分を増築する必要があり、新築工事として申請せざるをえなくなった。しかし主要な間取りは残し、昔の丸太梁、ステンドグラス、天井板、床板を再利用した。無垢材の造作は全て現場での手刻みとした。

    (さらに…)

    ,

  • M邸

    4世代が集う空間を中心にしてプライベートな空間を放射状に配置することで、それぞれの独立性を確保した。それにより、良好な日照、通風も得られ健康で快適な住まいとすることが出来た。また、解体した民家の部材を積極的に活用しつつも耐震等級2(長期優良住宅)レベルの強度を確保した。

    (さらに…)

    ,

  • I邸

    建設地は駅至近の近隣商業地域で準防火地域のため、木部を表す下地を防火構造として建築主希望の伝統的「和」の意匠となるよう心掛けた。玄関を吹抜けとしたが、古材を水平構面強度確保するための繋ぎ梁として使うことで引き締まった空間とすることが出来た。

    (さらに…)

    ,