民家再生事例 民家再生事例

民家再生事例(四国)

JMRA登録事業者が設計・施工した民家再生事例を紹介します。

  • 多喜屋

    元商家で、なまこ壁などの特徴的なデザインが地域でも存在感を放つ建物だった。25年の空き家期間もあり相当老朽化していたが、再生可能な住居棟を宿泊施設として再生。土地建物は賃貸。耐震補強と屋根瓦の全葺き替え(瓦は再利用)などを行った。玄関戸のデザインは地域の旧映画館の写しとしたり、迫力ある丸太梁を活かした屋根裏の寝室など、随所に楽しさのある建物となっている。

    (さらに…)

    ,

  • 善通寺市の家

    再生にあたって、蟻害の処理、床下水捌けの改善、耐震強化、生活導線の確保を行った。玄関からすぐの納戸は、あらわしの梁を活かした吹き抜けのリビングに。梁の仕上げは、水に沈めて柔らかくした皮をはぐ「磨き丸太」で仕上げている。和室は、窓を大きく取るため壁の耐震を強化することで、庭が見え開放的な部屋となった。

    (さらに…)

    ,

  • M邸

    北前船の廻船問屋を営んでいた一族の記憶を引き継ぐ家。床下の換気を悪くしていた新建材の増築部分を減築することで、創建時の素直な姿に。全体の風通しを良くし、光が届くようになった。また、耐震補強計算に基づき外壁を補強。屋根は、ひずんでいたむくりを正しく復元した。

    (さらに…)

    ,